Rustのインストール

Rustをインストールするには、Unixをお使いなら、
以下をターミナル上で実行して、画面の指示に従って下さい。

curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh

Windowsをお使いなら、
rustup‑init.exe をダウンロードして実行し、画面の指示に従って下さい

Rustのインストールに関する注意

rustupを使ったツールチェーン管理

Rustは rustup を使ってインストール及び管理されます。 Rustは6週間の 高速リリースプロセス を採用しており、 多数のプラットフォームをサポートしています ので、いつでも複数種類のRustのビルドが利用可能です。 rustupは全てのRustがサポートするプラットフォーム上で全く同じようにこれらのビルドを管理し、 betaやnightlyのリリースチャネル、追加のクロスコンパイルターゲットからのインストールも可能にします。

さらなる情報は rustup のドキュメントを参照して下さい

PATH環境変数の設定

Rustの開発では、全てのツールは ~/.cargo/bin ディレクトリにインストールされるので、 rustc, cargorustup などのツールがそこにある筈です。

従って、Rustの開発者は慣例的にこのディレクトリを PATH環境変数 に含めます。 インストール時に、rustupPATHを設定しようとしますが、 プラットフォームごと、シェルごとの差異、あるいはrustupのバグのためにPATHへの変更が反映されない場合があります。その場合はコンソールを再起動するか再ログインしてください。それでも反映されない場合は失敗しています。

もしインストール後にrustc --versionを実行してみて失敗するなら、恐らくPATHの設定に失敗しているのが原因でしょう。

Windowsでの留意事項

Windowsでは、Rustは追加でVisual Studio 2013以降のC++のビルドツールを要求します。 入手するにはVisual C++ビルドツールを同梱している Microsoft Visual C++ Build Tools 2015 をインストールします。 あるいは、Visual Studio 2015かVisual Studio 2013を インストール して、インストール時に「C++ tools」を選択します。

WindowsでのRustの設定方法についてのさらなる情報は Windows向け rustup ドキュメントを参照して下さい。

その他のインストール方法

上記のrustupを使った方法がほとんどの開発者に推奨されるRustのインストール方法ですが、必要に応じて 他の方法でインストールすることも出来ます。